早稲田大学文学部【22卒向け】の就職と課題。文科構想学部と比較するとどうか?

1. 早稲田大学文学部の就職状況

①早稲田大学文学部の就職に関するデータ

早稲田大学の場合、全学部で5名以上就職している企業・官公庁につて、学部別に詳細に開示をしてくれている。
https://www.waseda.jp/inst/career/assets/uploads/2019/07/2018careerdata.pdf

これに基づいて、早稲田大学文学部から3名以上就職した企業をマニュアル作業で抽出すると、以下の通りである。

(就職者数 531人) (就職者数 772人)
文学部 文科構想学部
富士通 3 2
三菱UFJ銀行 4 4
東京都 5 6
三井住友銀行 3 0
みずほFG 4 3
東京都23区 6 7
東京都教育委 3 1
ニトリ 3 3
日本生命 3 3
三井住友信託銀行 4 3
第一生命 4 6
電通 3 1
明治安田生命 3 6
ベネッセ 3 3
アフラック 4 1
小松製作所 3 0
ジュピターテレコム 3 0
KADOKAWA 3 2
そごう・西部 3 0
集英社 3 2

(出所:早稲田大学HP 「2018年度 学部・研究科別就職先ランキング ※就職者5名以上」より、外資系金融キャリア研究所が抜粋)

②早稲田大学文学部の就職の特徴

早稲田大学文学部の就職者数は意外と少なく、2018年度については531人である。
全体的な特徴としては、経済学部系の学部と違って、特定の業種に集中しておらず、分散・ロングテール化が見られることである。例えば、上記のリストの3名以上の就職先の人数を合計しても70人であり、全就職者の13%しかカバーできていない。

それでも、大手金融機関には一定数就職しており、メガバンク合計で11名、日本生命、第一生命、明治安田生命の大手生保に合計10名、三菱UFJ信託銀行と三井住友信託銀行を合わせて6名、その他、アフラックに4名、野村証券に2名、東京海上日動火災に1名、三井住友海上火災に2名と、幅広く就職している。

また、人気のマスコミ業界については、電通に3名、博報堂に2名というのが光る。
さらに、KADOKAWAに3名、集英社に3名、日経新聞に1名、共同通信に2名、朝日新聞に2名、ADKホールディングスに1名と文学部らしさを出していると言える。

なお、最も人気が高く難易度も高いとされる五大商社については、三井物産2名のみとなっている。この点については、若干残念な気がするが、そもそも商社狙いの学生は文学部を志向しないとも考えられ、やむを得ないのかも知れない。

他方コンサル業界については、何故か大量採用のアクセンチュアこそ0名であるが、アビームコンサルティングに1名、EYアドバイザリー&コンサルティングに1名、PwCコンサルティングに1名、ベイカレントコンサルティングに1名の実績がある。こちらも、文学部からコンサル志望の学生というのもあまり多くは無さそうであるが、総合系ファームであれば早稲田の文学部からは可能性は十分あるのではないだろうか。

全体としては、文学部という性質上、商社、コンサル、金融という人気業界を志望する学生の比率は相対的に低いと推察され、見映え的には、政治経済、法、商、国際教養と比べると若干劣るかも知れない。しかし、マスコミでは一定の存在感を示しているし、ロングテールだが、多くの者は大企業に就職している。従って、早稲田大学文学部の就職状況は良好であると評価できると思われる。

2. 早稲田大学文化構想学部の就職状況との比較

①早稲田大学文化構想学部の就職状況

文化構想学部の就職状況の特徴は、文学部と同様に業界的に分散していることだと思われる。そして、必ずしも、金融、商社、コンサルという人気業種を追求する学生が多いとは限らない点も類似していると思われる。

なお、就職者数という点については、文学部が531人に対して、文化構想学部は772人と、約1.5倍位となっている。

上記の文学部との比較表に掲載されている企業以外で、文化構想学部から4名以上の就職実績がある企業をピックアップすると以下のようになる。

文科構想学部(就職者数 772人)
NTTデータ 9
NHK 8
セプテーニ・ホールディングス 7
楽天 6
三菱UFJ信託銀行 6
電通デジタル 6
東京海上日動火災 5
大和証券 5
アビームコンサルティング 5
NTT東日本 5
三井住友海上火災 5
凸版印刷 5
住友生命 5
ヤフー 4
サイバーエージェント 4
SCSK 4
ベクトル 4

(出所:早稲田大学HP 「2018年度 学部・研究科別就職先ランキング ※就職者5名以上」より、外資系金融キャリア研究所が抜粋)

ここでの特徴は、IT系、ベンチャー系が目立つことである。
NTTデータの9名をはじめ、セプテーニ7名、楽天6名、ヤフー4名、サイバーエージェント4名、ベクトル4名、SCSK4名と、かなりの存在感があり、ヤフーやサイバーエージェントといった人気ITベンチャー企業への実績は評価されると思われる。

また、NHKに8名、キーエンスに5名、電通に1名、KADOKAWAに2名、集英社に2名といった就職実績も光る。

②早稲田大学文化構想学部の就職における課題

上記の通り、早稲田大学文化構想学部は、人気企業を含む、幅広い業種に卒業生を送り込んでおり、一定の就職力は評価できるのではないだろうか。

学部の性質上、金融、コンサル、商社といった人気業種に学生を誘導する必要は無いだろう。しかし、何らかの学部としての方向性はあったほうが学生や企業に対してアピールできるのではないかと思われる。

特に、学部としては国際性を標榜しているので、もう少し外資系企業や日本のグローバル企業の割合を増やしてもいいかも知れない。

比較的新しい学部であるので、今後の就職力の強化に期待される。

  • ブックマーク