隠れた最難関、国内系証券会社IBDへの就活について考える

1. 国内系証券会社IBDとは?

国内系証券会社のIBDとは、文字通り、日系証券会社の投資銀行部門(IBD: Investment Banking Division)を意味する。

具体的には、野村、大和、SMBC日興、三菱UFJモルガン・スタンレー、みずほという、国内系証券会社大手5社の投資銀行部門のことである。

就活生における国内系証券会社IBDの序列としては、

野村>SMBC日興>?>みずほ

という理解が一般的なようだ。投資銀行業界の中の人達からすると、歴史的には、野村の次は大和であるはずなのだが、三井住友の傘下に入ったこともあるのか、野村の次はSMBC日興というのが定説のようだ。

2. 国内系証券会社IBDに入社するのが、何故難しいのか?

外銀・外コンが最難関であることは間違いなさそうであるが、その次に難しいのは、総合商社ではなく、国内系証券会社IBDであるとトップ就活生の間では考えられている。

その理由としては、以下のものが挙げられる。

第1に、最難関の外銀のIBDの志願者がほぼ全員国内系証券会社IBDも併願することである。外銀IBDのビジネスはグローバルにおいて、好調なわけでも無く、特に欧州系は全般的に投資銀行ビジネスに足を引っ張られている。

このため、新卒採用をする外銀は米系大手のUBS位に限定されるし、また、1社あたりの採用枠も増えていない。具体的には、IBDということに限定すると、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、メリルリンチ、JPモルガン、シティグループ、UBSあたりであり、これら全て合計しても新卒採用枠は100名に満たないくらいである。

そこに、東大、慶應、一橋、早稲田、京大、上智、ICUの上位の就活生が集中するので、外銀IBDは全落ちする就活生の方が多く、国内系証券IBDも併願せざるを得ない状況にある。

第2に、国内系証券会社IBDも採用枠が非常に少ないということである。
各国内系大手証券会社は、リテール営業を主とする総合職枠は各社数百人と大量採用をするが、IBDに限ると、各社せいぜい20人程度しか採用しない。

そうなると、業界全部合わせても100人程度の枠しかない。
外銀IBDと国内系証券IBDとを全部合わせても、100+100で200名程度しかない。

そこに、早慶以上のレベルの大学の中の、上位1~2割が集中するので、数千人中、200人位しか通らないので、難しいはずである。

それに比べると、難関と言われる総合証券大手5社の場合、三菱商事だけで総合職百数十人採用するので、国内系証券会社IBD>5大商社というのは理解できる。
(少なくとも難易度という点においては)

3. そこまでしても、国内系証券会社IBDに行く意味はあるのか?

他業界の年配のビジネスマンから見ると、そこまでしてまで国内系証券会社IBDを受ける意味があるのかという疑問を持つ人も少なくないだろう。

何故なら、歴史的にみて、20世紀においては、証券会社は格下の業界であり、商社は勿論、メガバンク、大手損保、マスコミあたりと比べると格下の業界であったからだ。

しかし、21世紀になり、東大をはじめとするトップ就活生の意識も変化し、転職価値(スキルの習得)という点に主眼を置くようになったのである。

国内系証券会社IBDに行くと、業務内容は外銀IBDと基本的に同様であり、投資銀行ビジネスのプロフェッショナル・スキルを習得することができる。
また、給与面では劣るものの、日本国内に限ると外銀よりも国内系大手の方が良好な案件にも恵まれ、スキルの習得という観点からは却って有利という見方もある。

また、給与面については、国内系大手5社の中でもそれなりの格差はあるが、全体的に高給であり、他の国内系企業と比べても、トップクラスの水準にある。

総合商社も、名声、給与、ワークライフバランス等において非常に優れた業界であると思われるが、特に何のスキルもつかないという弱みがある。このため、スキルを身に着けたいという想いが強い就活生からすると、総合商社よりも国内系証券IBDという選択になるようだ。

4. それでは、国内系証券IBDに落ちた場合にはどこに行くのか?

早慶以上のトップ就活生のうち、上位1~2割が、遅くても大学2年生位からガチで対策を立てた数千人が集結し、外銀と国内系合わせて200名位しか採用されないのである。

数千人位は、溢れてしまうこととなる。
そういった場合、どこに流れるのかということが気になるところである。

1つの選択肢は、ブティック系IBDファーム(GCA、フロンティア・マネジメント)とか、FASといったところで、あくまでもM&A業務にこだわるパターンである。

もっとも、こういったところは採用数が少なく、GCA等は同様に難関であるので、とても吸収できない。

<GCAへの就活>
https://career21.jp/2019-03-29-153019

<FASとは?>
https://career21.jp/2019-03-08-110102

IBD関連全落ち組の中でも、優秀層は総合商社に流れるパターンもある。
IBDという職種よりも、企業偏差値・就職難易度への拘りが強いタイプである。
もっとも、ファーストキャリアとしては悪い選択肢では無いと思う。

もちろん、総合商社も十分に難関であるし、また、あくまでも「金融」という業種に拘りたい就活生もいる。そういった場合に、メガバンクに結果的に行くケースが多いそうである。

外銀や国内系IBDから、残念ながら内定をもらえなかった優秀層のマジョリティは、結局メガバンクに行くことになるという。

5. 結局、就活で外資/国内系IBDを狙う戦略は、正解なのか?

大抵の企業には余裕で内定をもらえるようなトップ就活生が、必死で対応策を立てて、外銀と国内系証券会社のIBDを受けられるだけ受けたところで、全落ちしてしまう可能性の方が高い。

そこまでしてでも、“IBD”という職種に拘る必要が果たしてあるのだろうかと考えてしまうが、確固たる金融におけるプロフェッショナル・スキルを得ることができることを考えると、その点は否定し難い。

問題があるとすれば、同じ労力をかけて、他により良い選択肢が無いかということだ。

1つの解としては、同じ金融プロフェッショナルとしてのキャリアを歩むという意味で、
運用会社(バイサイド)を狙うという手がある。外資系運用会社のほとんどは新卒採用を行っていないので、就活生の間ではほとんど浸透していない。

また、国内系運用会社は大手金融機関の子会社である場合がほとんどであり、どうしても、
親銀行、親証券、親生損保と比較すると、「格下」の業界・会社というイメージをぬぐえない。

しかし、運用職或いは機関投資家営業職の場合だと、外資系に転職すると、30代で年収2000~3000万円位は余裕で狙うことができる。
英語ができるという前提であるが、国内系運用会社の場合は、銀行や証券会社と違って、いわゆる「リテール営業」というハズレ部門に配属されるリスクは無い。
そして、外銀・国内系IBDをガチで狙っていたようなハイスペック層は、希望すればフロント部門に配属される可能性が高い。

そういうことを考えると、最後に残された穴場と言うことで、運用業界(バイサイド)を狙うという手が残されている。

<運用会社の種類、年収、将来性について>
https://career21.jp/2019-01-09-072810

それ以外に大きな可能性があるとすれば、やはりIT/ネット関連ビジネスに入って行くことだろう。別に、IPOを目指すような起業をしなくても、M&Aで億単位のEXITを狙うとか、個人ネットビジネスで月に数百万円を稼ぐことはトップ就活生であれあば十分に可能性がある。

もっともこの点については、確立された成功パターンがあるわけではないので、なかなか浸透しにくい。

また、大手ネット系企業にとりあえず新卒で就職して、ノウハウや経験を身に着けるという狙いも面白いのだが、最大の問題点はその手の大手ネット企業は給料が安いという点である。今の若い人達は、初任給や若い時の年収水準に対する拘りが結構強いようだ。

敢えて金融プロフェッショナルを外した成功キャリアの可能性について、また改めて検討したい。

最後に、あまり明るい話ではないが、日本国内におけるIBDビジネスの将来は必ずしも明るい訳ではない。その点については、こちらの過去記事をご参照ください。

<それでも就活生はIBDを目指すか?>
https://career21.jp/2019-07-12-144603

  • ブックマーク