GMARCHの就職、どこが強いか?令和の時代に注目の学部は?

1. GMARCHの就職力を厳密にランキングするのは難しい

有力私立大学の学校群のGMARCHである。
キャンパス立地が基本的に東京であり、マンモス校も多いので、大学受験においても就活においても非常に注目度が高い学校群である。

このため、GMARCHの各校の就職力の強さというのは、大学の評価の象徴でもあるので大変気になるところである。

そこで、GMARCHの就職力について、その中でどこが強いかについてのランキングがあれば興味深いのであるが、厳密に就職力をランキングするのは難しい。

何故なら、そもそも大学によって就職状況の開示度合いが異なり、上位20社とか30社までしか開示していない場合が多い。また、一般職と総合職の区分をしていないところが大半である。

それに、就職力、就職の善し悪しというのは何となくわかるが、それを定量化することは難しい。例えば、GMARCHの就職者のシェアが高い金融業界を見ても、メガバンク、大手証券、大手生損保、政府系金融機関の順位付けをするのは難しい。

もちろん、例えば金融機関の場合、外銀>国内系大手>地銀、といったレベルの序列化は可能かも知れないが、スコアリングするのは難しい。

そして、業種が異なれば、更に序列やスコアリングは難しくなる。

2. 大雑把なランキングは「有名企業への就職率」がわかりやすいか?

以上のような状況から、GMARCHの各校の就職力を序列化するのは難しいが、大雑把なランキングで良ければ、比較的客観的で参考になるものは、東洋経済社が公表している「有名企業への就職率」が高い大学ランキングである。

これは、誰もが知っている「有名企業400社」に対して、卒業生(大学院進学者を除く)のうち、どれだけの割合で就職しているかを算出したものである。
単に「大企業」とか「上場企業」という括りであると、大雑把すぎるし、皆が憧れの人気企業というのはもっと限定される。このため、「有名企業400社」の選定基準というのは多分に主観的ではあるものの、みんなが知りたいランキングに近いものと思われる。

このランキングも、公務員が含まれないので公務員の就職率が高い大学をどう考えるかとか、一般職割合が考慮されていないとか、外資系企業はどうかというツッコミどころは満載であるが、結果だけを見ると、それなりに納得感のあるランキングになっているのではないだろうか?

このランキングからGMARCH関係を抽出すると、以下の様になっている。

〇有名企業400社への実就職率が高い大学(2018年卒)

順位 大学名 400社実就職率(%)
18 青山学院大学 30.9
24 明治大学 28.4
26 学習院大学 27.5
32 立教大学 25.8
40 中央大学 23.2
44 法政大学 21.8

<出典:東洋経済「有名企業への就職率」が高い大学ランキングより抽出>

3. 有名企業400社への実就職率ランキングの結果と感想

このランキングは多分に主観的要素が含まれるので、順位とか就職率の数字の細かな点にこだわる必要は無いだろう。

もっとも、GMARCHのランキングを見ると、それなりに納得感というか、イメージに近い結果になっているのではなかろうか?

GMARCHの中で偏差値的な難易度の高い、青学、明治、立教が上位に付けている。
他方、中央と法政は相対的にこの3校よりもランキングは下になっている。

ただ、青学、明治と比べると、法政が少し数字的に話されているのが若干気になるところである。

また、GMARCHという大雑把な括りだと、就職者の2~3割がそれなりの人気企業・大企業に就職できているという事実は、それなりに実態に見合ったものではないだろうか。

それから、GMARCHの外の学校と比べると、早稲田の順位が6位で実就職率が37.2%となっている。この点も、就職力において、GMARCHは早稲田には敵わないという実感とも合致するように思われるがいかがだろうか?

これは「率」によるランキングなので、上位3校は東京工業大学、一橋大学、国際教養大学という国公立の小規模単科大学であるので、GMARCHのような大規模総合大学にとって参考にならない。

早稲田の37.2%、東京理科大学の36.8%、上智大学の33.5%あたりが目標値としては参考になるかも知れない。

4. 総合商社の就職力に関するGMARCHの比較

誰もが知っている大企業/人気企業への就職率というのを基準にすると、GMARCHの中では、青学、明治、立教が中央、法政よりも若干有利ということであった。もっとも、その差は特別大きいとまでは言えない。

それでは、最難関企業への就職力ということで、総合商社への就職者数について調べてみると以下の様になる。

総合商社への就職状況(出典:週刊東洋経済 平成30年11月17日号)

三菱商事 三井物産 伊藤忠 住友商事 丸紅 双日 豊田通商 合計
明治 3 1 2 2 2 2 2 14
青山学院 2 3 4 4 5 4 1 23
立教 1 2 1 1 3 5 1 14
中央 2 2 3 2 1 2 1 13
早稲田 27 29 23 26 19 7 10 141

これを見ると、先ほどの「有名企業への就職率」ランキングと違って、明治、青学、立教、中央の間に特に差異は無いことがうかがえる。ただ、法政がこの統計に入っていないので、法政はもう少し頑張る必要があるだろう。

注目すべきは、早稲田との総合商社への就職力の違いである。統計は無いが、おそらく外銀・外コンについても同様であろう。
大学入試難易度とか知名度を遥かに上回る差が付いているので、超難関企業への就職力というのがGMARCHの課題ということであろう。

なお、MARCHから総合商社に就職するための戦略について興味がある方はこちらの過去記事をご参照下さい。

<MARCHから総合商社の内定を取るための戦略について>
https://career21.jp/2018-11-28-140154

5. GMARCHの各校の看板学部はどうか?

それでは、GMARCHの各校における学部間の就職力の差はどうであろうか?
学生の間は、GMARCHに限らず、早慶、関関同立といった大学においても学部間格差は気になるところである。

しかし、GMARCHの場合、就職力について見ると、学部間格差というのはあまり見られない。

例えば、GMARCHの中で伝統的、偏差値的に看板学部と言われるのが、中央大学の法学部、明治大学の政治経済学部、青山学院大学の国際政治経済学部あたりではないだろうか?

それぞれの学部の就職と課題の分析については以下の通りである。

<中央大学法学部の就職と課題>
https://career21.jp/2019-03-25-183044

<明治大学政治経済学部の就職と課題>
https://career21.jp/2019-06-28-151714

<青山学院大学国際政治経済学部の就職と課題>
https://career21.jp/2019-03-05-064643

GMARCHの中でも、中央大学法学部は別格であるということには余り異論はないかと思われるが、中央大学法学部の場合には司法試験或いは公務員試験で勝とうという戦略であるので、民間企業の就職力においては他学部とそれ程大きく変わるわけではない。

もっとも、NHK、アクセンチュア、デロイトトーマツコンサルティング、博報堂、住友商事、野村総合研究所、伊藤忠、三井物産、アマゾンジャパンといったところに複数名就職者がいるなど、光るところはある。

青山学院国際政治経済学部も、日本航空、サイバーエージェント、テレビ朝日に複数就職者がいるなど、光るところはあるものの、全体で見ると他学部と比べて明らかに言いというわけでは無さそうだ。

明治大学政治経済学部については、上記2学部以上に他学部との差異は見られない。歴史的には法学部が最難関学部であった時代もあったからだ。

これらは、伝統的な看板学部であるが、最近では歴史はあまりないにも関わらず、国際系の学部がどこも人気であり入試難易度も高い。

従って、就職力という点においては、あまり学部差に拘り過ぎない方がいいのではないだろうか。

6. 令和の時代においてGMARCHの注目学部はどこか?

まず、全体的にGMARCHの国際系の学部はどこもおススメである。
何故なら、少子高齢化による国内市場の縮小は避けられず、企業が生存しようとするとグローバルで稼ぐか、新規事業を産み出す他方法が無い。

ところが、学生に限らず社会人においてもグローバル・リーダーシップを有する人材は大幅に不足している。だからこそ、くら寿司がグローバル人材を前提として新卒に年収1000万円をオファーするのである。

したがって、英語力に加えてグローバル経験に重点を置いて教育する国際系の学部は今後ますます注目されるのである。

その中では、特に、以下の3学部に注目をしたい。

①立教大学経営学部

今、GMARCHの中で最も注目されているのはここの学部ではないだろうか?
立教大学経営学部の魅力は、グローバルという国際系的な魅力に加えて、ビジネス・リーダーシップというファクターが加えられていることだ。

就職という観点からすると、国際系の学部は英語力という点では望ましいのであるが、外国語学部・文学部・社会学部的なイメージがあり、決定打に欠ける印象も無くはなかった。

しかし、立教大学経営学部の場合は、ビジネスに関する洞察力・思考力にも重点を置いた教育を目指している。

新卒採用において、企業も従来ではあまり重視してこなかったビジネスセンス・企業分析力についても最近では重点を置くようになっており、英語力に加えてビジネスセンスを持った学生は大変魅力があるだろう。

IT/AI、ベンチャー起業という切り口が加わると更に良い。立教大学自体も経営学部においては立教全体を引っ張る存在として戦略的にも重点を置いているので、今後の飛躍が楽しみである。

<立教大学経営学部の狙うべき就職先について>
https://career21.jp/2018-11-19-160902

②中央大学国際情報学部

GMARCHの中で、立教大学経営学部の次に面白いのはここでは無いだろうか?
これは新設の学部であるが、何といってもキャンパスが市ヶ谷にある。中央大学の弱みである多摩キャンパスの立地の不便さと無関係である。

これは、国際系の学部に加えて、ITという点にも重点が置かれている点が特色である。
立教大学経営学部は、国際+ビジネスという切り口に対し、中央大学国際情報学部は、国際+ITという切り口で、多数ある国際系学部の中で差別化を図っている。

日本の市場は少子高齢化によってほとんどのセクターで市場の縮小が予想される。しかし、IT関連だけは例外的に国内でも今後成長が見込まれる数少ない分野では無いだろうか。

ここの留意点は、他の大学の国際系学部と比べると英語の習得がどの程度できるかという点が若干気になるが、それでも立地やカリキュラムの点において今後の飛躍が大いに期待されるところである。

<中央大学国際情報学部の就職と課題>
https://career21.jp/2019-05-30-110651

③学習院大学国際社会科学部

こちらも新しい学部で、2016年4月に新設され、2019年7月時点でまだ卒業生はいない。
この学部の魅力は、何といっても偏差値がまだ高騰していないという点である。

国際系の学部はどこも人気が高く、1~2ランクは難易度が高くなっている。
ところが、ここはパスナビ調べだと、偏差値57.5~60.0で非常に魅力的である。
https://passnavi.evidus.com/search_univ/2310/difficulty.html

おそらく、学習院はMARCHの括りから漏れているので、若干マイナーな感じがするのかも知れない。

しかし、学習院も学校自体が熱心に就職をサポートしているし、知名度やイメージは悪くない。そして、当然今後もグローバル人材に対する需要は強いので、徐々に人気が出てくる可能性はある。

狙うなら難化する前のタイミングであり、こちらも今後の飛躍が期待されるところである。

<学習院大学国際社会科学部の就職と課題>
https://career21.jp/2019-06-28-112430

最後に

GMARCHの就職力について厳密にランク付けをすることは難しいが、大雑把なイメージとしては、東洋経済社が公表している有力企業への就職率ランキングが参考になるだろう。

これによると、GMARCHの就職力は、ある程度、偏差値とかイメージ通りに並んでいるように思われる。もっとも、その差異はそれほど大きなものではない。

また、看板学部とそれ以外の学部との就職力の格差についても、学生が気にする程のものではないだろう。

重要なことは、GMARCH間の就職格差を気にするよりも、自分が希望する業種・企業への就職の可能性を高めることである。

そういう観点では、個性的な国際系の学部も登場してきており、今後の飛躍が期待される。

  • ブックマーク