中央大学経済学部の就職と課題について

1. 中央大学経済学部の概要

中央大学経済学部の定員は1,062名。経済、経済情報システム、国際経済、公共・環境経済の4学科で構成されている。

男女比率は、約2:1で、男子学生の割合が高い。

難易度・偏差値については、パスナビによると、偏差値57.5~62.5と商学部と同じである。また、少々意外かもしれないが、看板学部である法学部の偏差値が60.0~65.0なので、法学部と経済学部との難易度は1ランクくらいしか変わらない。これは、司法制度改革に伴う弁護士増によって、全体的に法学部人気が落ちたからかもしれない。

中央大学の場合、法学部だと司法試験(予備試験或いは法科大学院進学)、商学部だと公認会計士試験というふうに、資格試験に挑戦することを奨励されるイメージであるが、経済学部にはそのような資格試験のプレッシャーはない。

その意味で、最初から民間企業を志向する場合には、法学部や商学部よりも凄しやすいかも知れない。

2. 中央大学経済学部の就職について

① 中央大学経済学部の進路状況

中央大学経済学部の場合には、大学院進学者や資格試験浪人の割合が低く、卒業生の9割は就職する。

就職者のうち、公務員になる者の割合は9.4%であり、法学部と比べるとかなり低い。これは、中央大学に限らず、経済学部の方が法学部より公務員になるものが少ないという傾向がある。

民間企業への就職者については、金融保険が20.8%とトップであり、メーカーが14.5%、卸・小売りが12.3%、通信・情報サービスが11.2%と続く。

② 中央大学経済学部の就職先企業について

中央大学の就職状況に関する開示は良い。各学部別に、就職者が1人でもいる就職先については全て開示してくれている。
さらに、学部を構成する学科別にも開示がなされている。
https://www.chuo-u.ac.jp/uploads/2018/12/7377_21256.pdf?1559274386513

中央大学経済学部の就職者数は900名もいるので、これだと量が多くなりすぎるので、就職者数が3名以上の企業・官公庁を抽出すると以下のようになる。

企業名 就職者数
みずほFG 14
三菱UFJ銀行 6
みずほ証券 6
りそなホールディングス 6
日本郵便 6
三井不動産リアルティ 5
日本生命保険 5
MDI 5
国税庁 5
神奈川県庁 5
あいおいニッセイ同和損害保険 4
多摩信用金庫 4
明治安田生命保険 4
富国生命保険 4
富士ソフト 4
ニトリ 4
第一生命保険 4
財務省財務局 4
神奈川県横浜市役所 4
警視庁 4
アクセンチュア 3
アフラック 3
足利銀行 3
日本電気 3
群馬銀行 3
三井住友銀行 3
山善 3
静岡銀行 3
有限責任監査法人トーマツ 3
キーエンス 3
ネットワンシステムズ 3
三井住友海上あいおい生命保険 3
NTT東日本 3
東京都練馬区役所 3
東京都町田市役所 3

(出所:中央大学公式HPより抜粋)

やはり、金融機関が目立つ。足利銀行、群馬銀行、静岡銀行、多摩信用金庫と地域金融機関が見られるが、基本的に大手銀行、生保、損保あたりが多い。
学部全体における公務員の割合は1割弱と高くは無いが、上位には公務員(地方公共団体)が多く見られる。

就職難易度・就職偏差値が高い企業としては、アクセンチュア(3名)、キーエンス(3名)が見られた。

なお、就職者数が2名以下の企業のうち、特に気になる企業として、以下のものがあげられる。

日本総合研究所(2名)、リヴァンプ(2名)、三菱商事(1名)、電通(1名)、アップルジャパン(1名)、ベイカレント・コンサルティング(1名)、デロイトトーマツコンサルティング(1名)

3. 中央大学経済学部の就職における課題

基本的に、金融機関を中心にだいたい希望すれば大手企業への就職が可能のようである。
あとは、MARCHの中で相対的に優位に立つにはどうすればいいか、さらに、早慶に追いつくにはどうすれば良いかであろう。

慶応のように、大手金融機関、特に、東京海上日動、日本生命、野村證券に大量に卒業生を送り込むのは一朝一夕には厳しいかも知れない。

しかし、何かしら強い業種を作るなど、独自性を出していく必要があるだろう。
中央大学の場合、法学部は司法試験、商学部は公認会計士試験で手厚いサポートやOB/OGを巻き込んでの活動をしているので、経済学部についても何らかの支援をしたいところだ。

可能であれば、大手ベンチャー企業とか、ベンチャー起業の支援をしても面白いと思う。中央大学の場合は、法学部や商学部はどうしても資格試験に注力しがちなので、ベンチャー起業という雰囲気ではない。しかし、それでは長期的に見て、中央大学卒業生の産業界におけるプレゼンスが低下するおそれがあるので、ポートフォリオ的な観点から、あえてベンチャー起業部門を支援するのは面白いのではないだろうか。

人数は多くないが、三菱商事、電通、コンサル等にも就職実績があるので、個人の頑張り次第で超難関企業に就職することも可能である。

中央大学経済学部の最大の弱みは何といっても立地であろう。そこで、情報力で差をつけられないように、頑張って、早慶の友達と情報交換したり、ベンチャー企業でバイトをしたり、都心に足を運ぶことを意識すべきであろう。