日本政策投資銀行(DBJ)への就活、年収、キャリアについて

1. 何故、日本政策投資銀行(DBJ)か?

① 旧開銀(日本開発銀行)で、昔から渋めの超エリート銀行

日本政策投資銀行、すなわち、昔の開銀(日本開発銀行)である。
株式会社化したとはいえ、実質的には政府系銀行の最たるものであり、何十年も前から、日銀、日本輸出入銀行(現国際協力銀行)と共に、知る人ぞ知る的な存在であるがトップ学生の間では人気の高い銀行であった。

② 投資会社的、証券会社的な銀行?

日本政策投資銀行の特色は、長期的な事業への投融資がミッションであり、融資だけでなくファンドを通じた投資も手掛けている点が特色である。
融資においても単純な貸出ではなく、プロジェクトファイナンス、ストラクチャードファイナンス、PFIといった金融技術を駆使した案件に関われるのが魅力のようだ。

③ 外銀でお金を追求するというよりも、ステータス志向の学生向け?

業務内容からすると、一見、IBD的な感じもするが、ここにいたからといって外銀IBDに転職できるわけではない。外銀に行きたいのであれば、日銀⇒海外留学経由⇒未経験アソシエイトで外銀IBDという方が確度は高いだろう。

日本政策投資銀行を志望する学生は、財務省や経済産業省的な堅めのステータスに惹かれるが、民間金融機関並みのそれなりの収入を得たいというところが狙いでは無いだろうか?

2. 日本政策投資銀行(DBJ)の年収について

① 給与等についての全体観

実質的には政府系の金融機関なので、日銀や農中と同様に、年功序列の傾向が強く、評価による年収の差はほとんど無い。同期との年収の差は、ほとんど全てが残業代の違いと考えて良いだろう。

給与水準としては、生涯賃金でみるとメガバンクと同じか若干良いくらいではないだろうか。もう一つの政府系銀行の代表格である国際協力銀行(JBIC)の年収が下げられたのに対して、こちらはまだ高年収を維持できている。

② 年次や役職に伴い年収の推移

ほとんどメガバンクと同様のペースで年収は推移していくようだ。
初年度は残業代とボーナスを合わせて400万円スタートという点は、大手金融機関の総合職と一緒。その後、少しずつ基本給・賞与ともに上がり続け、6年目の28歳位では700万円位、30歳の副調査役で900万円前後に到達する。

1000万円に到達できるのは、調査役に昇格する32歳以降である。調査役になると、年収は1100万円位は期待できる。そして、40歳で課長だと年収は1500万円位になり、このあたりで微妙にメガバンクを超えてくると思われる。

もっとも、これは日銀にも言えることだが、役員クラスの年収が総じて低いため、アップサイドに欠ける。役員で年収が1900万円程度で、2000万円には届かない。このため、年収1500~1600万円位が事実上マックスになってくる。
(もっとも、メガバンク等の大手民間金融機関でも部長クラスにならないと、年収1800万円超えは難しいが…。)

3. 日本政策投資銀行のキャリア、転職等

母集団が少ないのもあるが、日銀と比較すると外資系金融機関に転職する者は相対的に少ないと思う。DBJ出身者は、外資系金融機関では見当たらないのではなかろうか?

もちろん、それは転職能力が低いというわけではなく、もともと社員の志向として、外銀に転職してバリバリ稼ごうとは思っていないからだろう。

このため、終身雇用というのがメインシナリオとなるだろう。

4. 日本政策投資銀行への就活について

日本政策投資銀行の総合職は、例年30人程度しか枠が無い超狭き門であるが、ここ2年程は50人近く採用しているようだ。

もっとも、東大色が強く、それ以外は京大、一橋、早慶でほとんど枠が埋まり、残りを地
帝で分けるということであろう。

外銀とか国内系証券会社IBDコースとは、価値観が異なるし、準備も異なってくるだろう。

いずれにしても、採用人数が少なく、面接も5次面接位まであるのでなかなか内定をあてにすることは難しいであろう。従って、戦略としては国内系金融機関をメインにし、DBJから内定をもらえるとラッキーという気持ちで臨むのがいいのではないだろうか?