初年度年収600万円とか800万円は就活生にとって魅力か?初任給の高さよりも将来の年収を考えるべきでは?

1. 初任給にもこだわる今の就活生

トップ学生の間での、人気業種というと、外銀・外コン・総合商社である。
このうち、外銀・外コンについては、初任給も含め、若いうちから高給を
もらえるというのがあるようだ。

今の学生の内、特に優秀層は、年功序列を嫌い、若くから活躍出来、
若いうちにスキルを身に着け、若いうちから高い給料をもらいたいという
志向が昔の学生よりも強いようだ。

2. 外銀、外コンの初年度年収は600万円~900万円?

初任給ということに絞ってみると、外銀・外コンの初年度年収は日本の一流企業と比べてもかなり高い。

例えば、ゴールドマン・サックス証券やJPモルガン証券のような外銀が一番初年度年収は高く、バックオフィスで700万円程度、フロントオフィスで900万円程度はもらえるようだ。

また、外コンについても高額で、特にMBBといわれるマッキンゼー、BCG、ベインあたりのトップティアのファームは、初年度年収が600万円~700万円位はもらえるようだ。

同じ外コンでも、総合系ファームに属するアクセンチュア、デロイトトーマツ
コンサルティングあたりだと、550万円程度と戦略系ファームより若干落ちるようである。

それでも、国内系の大手企業よりも明らかに高い。

3. 国内系企業の場合には就職偏差値に関係なく一律400万円?

これに対して、国内系企業の場合には、総合商社、東京海上、日本生命といったあたりでも、初年度年収はだいたい400万円程度であり、他の日本企業と変わらない。

国内系企業の初任給の横並び傾向は、恐ろしいほど昔から変わっておらず、30年以上前のバブル期の時代や、50年以上前の高度成長期からの慣行である。

ちなみに、30年前のバブル期の場合、初年度年収は300万円位であった。
日本はデフレだからか、30年経っても初年度年収は3割位しか増えていないのだ。

4. 初年度年収よりも将来の年収を重視すべきなのだが…

初年度年収が違うと言っても、たかだか数百万円レベルの話だ。
そこを重視するよりも、将来どれくらい稼げるようになるかということを気にする方が重要だ。

ところが、理屈の上ではわかっていても、就活生にとっては今も大事であるので、目先の年収の違いは大いに気になるようだ。

5. それでは、どれくらい生活が違ってくるのか?

それでは、一般的な初年度年収である400万円程度の年収と、
年収600万円、年収800万円とで、具体的にどれくらいの生活レベルが異なるのか具体的に見てみよう。

①年収600万円の場合

年収600万円で独身の場合、所得税、住民税、社会保険料を控除した
手取り額は約470万円程度である。

年収400万円で独身の場合の、手取り額は約320万円くらいなので、
年収にして150万円程多いということになる。

月々だと15万円ほど多いのでこれで何ができるかということである。

残価設定ローンを活用すると、BMW3シリーズなら買うことが
できるかも知れないが、東京の場合、駐車場代が嵩むことや、
そもそも車庫付きの賃貸物件の確保が難しいことを考えると、
現実的にはBMWは厳しそうである。

クルマを持ちたいというのであれば、フォルクス・ワーゲン・ゴルフ
あたりだろうか?

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golf.html

若者のクルマに対する興味が昔よりもなくなってきているという話もある。その場合には、時計という選択肢もある。
高級時計の場合、無金利や低金利でのローンを活用できる店も多いので、ロレックスとかカルティエの50万円~100万円位の価格帯のものであれば余裕で買えるであろう。

https://www.rolex.com/ja

初年度年収400万円の人と比べて、年収600万円の場合の月当たりの手取りの差額は15万円位なので、ロレックスを月々数万円のローンで買うとすると、まだまだ余る。

そうすると、飲食店で贅沢をしようかという発想になる。
ミシュランの☆付の高級店だと、ディナーの場合、1回2人で5万円を超えてくるが、それだと月1回位ということになる。

そこで、もう少し値段を落として、1回2人で3万円位の店にすると、月2回位行けるかも知れない。
例えば、こんな店に月2回位行ければ悪くないだろう。

https://www.hiramatsurestaurant.jp/sensetsaveurs/

さて、これで貯金ができるかどうかわからない。
新入社員の時から、コツコツ貯める必要は無いだろうが、将来のエグゼクティブを目指す者としては投資は良い勉強になるので、ファンドでも株でもいいので、始めておきたいものだ。

https://www.wealthnavi.com/?wnid=gg-1461224047-58438734202-%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%93&gclid=CjwKCAjwm-fkBRBBEiwA966fZHX3SUhJAHI7jzupfoZHoBX-zms2-8d5bMLPgFSfzIuSLwg_Cw96bBoCk4YQAvD_BwE

②年収800万円の場合

年収800万円で独身の場合、手取り額は約610万円くらいであり、年収400万円と比べると、およそ倍くらいの手取り額であり、月々にならすと、約24万円くらいの差となる。

このクラスの年収だと、年収が2倍になっても、手取りもほぼそれに連動して2倍弱になるので、結構年収差は効いてくるレンジかも知れない。

しかし、極めて現実的なことを言うと、年収400万円の人たちは多くの場合、会社の独身寮に住むのであろう。

年収800万円クラスというと外銀の場合であろうから、タクシーで10分位のところに住まざるを得ないことを考えると、家賃の差で、月々24万円の差額が半減してしまう。

港区の駐車場代は高いし(月5万円程度)、BMWをあまり野ざらしに置きたくないので、タワマンの地下駐車場におけるようになるまで待った方がいいかも知れない。

すると、ロレックスとかレストランは余裕なのだろうが、外銀の場合、先がどうなるかわからないので、MBA取得のための貯金とか独立起業のための資金とか、将来に備えてマンション・アパート投資のための貯金にまわしておきたいところだ。

年収800万円程度であれば、総合商社とか大手マスコミであれば2~3年でそれくらいの年収になるので、最初から浮かれて使うよりは、年収2000~3000万円を達成するために集中したいところだ。

最後に

税率が低いので、年収600万円とか800万円レベルでも、22~23歳の若者にとっては年収400万円との差はそれなりに大きいかも知れない。
時計、靴、スーツといった持ち物や、飲食店のレベルが結構違ってくるからだ。

とはいえ、長い目でみれば数百万円の差なんてどうってことない差なので、使うのもいいが、将来の自分に投資をしてもらいたいところだ。

  • ブックマーク