BMW(特に8シリーズ、M3、M4等の1000万円超モデル)を買う人の年収と職業について。ベンツと比較してどうか?

1. BMWのラインナップ(ベンツとは異なる)

f:id:blacksonia:20190304085346j:plain

①3シリーズが主流

ベンツと並ぶドイツの大手高級車ブランドであるBMWであるが、もともとは比較的小型のスポーツカーを主流としていたこともあり、ラインナップはベンツのそれとは異なっている。

最近は、変わってきているようであるが(Cクラスが主流になりつつある)、ベンツというと、Eクラス、Sクラスの大型モデルが半分以上を占めていた。

他方、BMWは今でも圧倒的に3シリーズが主力である、半分以上は3シリーズのようだ。

②ベンツのEクラスと、BMWの5シリーズは違う?

ベンツのEクラスは大型化と、SUV人気等に押され、近年では人気が落ちてきているようだ。実用性にも面白みにも欠けるということで、CLSという同プラットフォームのスポーツクーペを販売しているのがその証左のようだ。

他方、BMWの5シリーズはまだまだ人気のようだ。

というのは、BMWの7シリーズというのがベンツのSクラスと比べるとマイナーな存在であり、3シリーズよりも上を買いたいという人は7シリーズという選択肢が無いため、5シリーズに流れるようだ。

(なお、5シリーズについてはこちらの過去記事もご参照ください。)

blacksonia.hatenablog.com

2. BMWの1000万円超モデルについて

①5シリーズは1000万円以内で購入可能

3シリーズには飽きた。或いは、年収、年齢が上昇し、もう少し上のモデルを買いたいというBMWファンには、5シリーズという選択肢がある。

そして、上述のように、BMWのラインナップの中では、7シリーズがマイナーなので、5シリーズというのはイケているモデルということである。

実際、大型化に伴い、全長は5m近く高級感もあるので、見栄え的には何の問題も無い。

しかし、5シリーズの場合は、諸費用を入れて800万円位で十分購入可能であり、1000万円も用意する必要は無さそうである。

②8シリーズはどうか?

5シリーズよりも上となると、8シリーズという2ドアクーペの最上位モデルがある。

しかし、こちらは諸費用込みだと2000万円位になってしまい、少々予算オーバー気味である。

同じ2000万円を出すのであれば、ポルシェカレラとか、フェラーリカリフォルニア(中古)の方が、リセールヴァリューが圧倒的に高いので、そこは考えてしまう。

③Mシリーズ(M2、M3、M4、M5、M6)

5シリーズよりも予算はある。しかし、8シリーズじゃ少々予算オーバーという場合には、Mシリーズがある。

ベンツでいうとAMGに相当するモデルだ。

これの3シリーズベースのM3、M4であれば、諸費用込みでも十分1500万円以内に収まる。

また、もう少しコンパクトでもいいというのであれば、M2が丁度1000万円位なので、こちらもおススメということだ。

3. BMWの高額モデルの購入者の年収と職業について

①法人は比較的少ない?

高級車というと、自営業の会社社長、或いは、医療法人化した開業医が法人名義で、ローンやリースを使って、節税目的も兼ねて経費で購入というパターンが想起される。

実際、ベンツのSクラス、マセラティ、ランボルギーニあたりは8割方が法人名義での購入という。

(マセラティについてはこちら)

blacksonia.hatenablog.com

しかし、BMWのMシリーズあたりの購入者は、法人名義での購入割合はそこまで顕著では無いという。

もちろん、いることはいるが、半分弱位ではないかということだ。

この点は、同じスポーツカーという観点では、フェラーリ(但し、新車)と似ているなと思った。

(フェラーリについてはこちら)

blacksonia.hatenablog.com

②ローン金利は3.95%が基準だが、中にはお得なキャンペーン金利も

購入方法として、ローンを併用する場合には、金利が気になるところである。

外車の場合は、3.90%あたりの金利水準が多いようだが(平成31年2月時点)、BMWは基本金利が3.95%と大体他と同じ水準だ。

しかし、1%とか2%台のお得なキャンペーン金利も使えるようであり、購入の際にはこうしたものをうまく活用したいところだ。

③職業について

職業については、上記の法人名義での購入割合にも関係するところが、日本の典型的な金持ち層である中小企業の社長、開業医に限定されないようだMシリーズについては、結構会社員が多いという。

(もちろん、外資系等、高収入のサラリーマンなのだろうが…)

実際、年収1500万円以上であれば、残価設定ローンと低金利を組み合わせると買うことは不可能ではない。

本来、1000万円以上のクルマを購入するのであれば、年収2000~3000万円は欲しいところだ。

しかし、クルマに掛ける年収の割合が高くてもいいというのであれば、年収2000万円未満でも物理的に購入は可能である。

BMWのMシリーズの購入者の特徴は、「とにかくクルマが好き」というタイプが多いそうなので、年収1000万円台でも頑張って購入している人が結構いるということのようだ。

④BMWの年齢層は比較的低い

ベンツのSクラス、マセラティ、ポルシェのカレラなどは、50代、60代が多く、年齢層は高めであるようだが、BMWのMシリーズの場合は、30代や40代も多く、年齢層は幅広いということだ。

やはり、クルマ好きが買うということで、頑張って若くで購入しようという人がいるのだろう。

感想

BMWの3シリーズは、小型でステアリング性能が高く、狭い途が多い日本の都市部にはピッタリのクルマなのだが、バブル期から「六本木のカローラ」と揶揄されたりして、プレミアム感に欠けるという弱みもある。

今ではますます3シリーズは普及しているので、BMWでインパクトのある高級車ということでは、Mシリーズ、更に予算があれば8シリーズがいいだろう。

年収は2000~3000万は欲しいところであるが、頑張って、1000万円台で購入している人も多いので、若い人で車好きの人は狙ってもいいのではないだろうか。

  • ブックマーク