京都大学経済学部の就職と課題について。大阪大学経済学部、慶応大学経済学部との比較はどうか?

1. 京都大学経済学部の就職状況

①京都大学経済学部の基本情報

京都大学経済学部は学部生のトータル人数が265名で、13名が進学。22名が不詳。したがって、就職者総数は230名であり、大阪大学経済学部が約200名なので、それより少し多い程度である。

慶應大学経済学部の就職者数は約1000人なので、それと比べると約1/4強しかなく、かなりの少人数である。

公務員になるものは8名と少なく、大半は民間企業への就職である。この点は、大阪大学経済学部や慶応大学経済学部と同様である。

②京都大学経済学部の就職先について

京都大学経済学部の具体的な就職先については、京都大学が公式HPにおいて完全な開示をしてくれている。要するに、1名以上の就職先を全て開示してくれている。  (若干、探しづらいが、キャリアサポートルームの「就職のしおり」に詳細が記載されている。)

http://www.gssc.kyoto-u.ac.jp/career/wp-content/uploads/2018/09/shiori2019.pdf

母集団は230名しかいないが、1名以上の就職先は全て開示してくれているので、かなりのロングテールになる。

従って、ここでは2名以上の就職先について抜粋する。

経済学部(就職者数230名) 京都大学HPより2名以上の就職先を抽出。
みずほフィナンシャル・グループ 8
有限責任あずさ監査法人 6
三菱UFJ銀行 5
三井住友銀行 4
三井物産 4
三菱商事 4
三菱電機 4
アクセンチュア 3
ウィル 3
大阪ガス 3
京都銀行 3
国土交通省 3
新日本有限責任監査法人 3
トヨタ自動車 3
野村證券 3
パナソニック 3
ベイカレント・コンサルティング 3
三井住友信託銀行 3
ゆうちょ銀行 3
伊藤忠商事 2
経済産業省 2
JPモルガン証券 2
住友商事 2
ソフトバンク 2
ダイレクト出版 2
有限責任監査法人トーマツ 2
日本放送協会 2
日本航空 2
日本生命 2
農林中央金庫 2
日立製作所 2
みずほ証券 2

2. 京都大学経済学部の就職先の特徴

まず、全体観であるが、極めて良好なのは学校のレベルから当然として、ほとんどローカル色が無いのが意外であった。

この点は、同じ関西の名門国立大学である大阪大学経済学部とは若干異なっているようだ。

そして、後述するが、外銀・外コン、メディア、ネットベンチャーなど、最上位の企業や、新しいところを志向するところが特徴的だ。

①金融機関が多い

上位には、3メガバンク、信託、野村證券、日本生命などがランクインしている。この傾向は、大阪大学経済学部、慶応大学経済学部と同様でありトップ大学経済学部の全般的な特徴である。

②総合商社が多い

ランキングの5位に、三菱商事と三井物産がそれぞれ5名ずつでランクインしている。

また、伊藤忠に2人、住友商事に2人、丸紅に1人と入社している。

ちなみに、就職者数に対する比率で見ると、15/230=6.5%と、総合商社に強い慶應大学経済学部を上回っているものと思われる。

この点は、大阪大学経済学部には見られない特徴である。

③外銀、外コン、マスコミ等超難関企業が見られる

京都大学経済学部からは、JPモルガン証券に2人、ゴールドマン・サックス証券に1人と外銀に就職者を輩出している。

また、BCGに1人に加え、アクセンチュアに3人、ベイカレント・コンサルティングに2人、アビーム・コンサルティングに1人、クニエに1人、デロイトトーマツコンサルティングに1人、PwCコンサルティングに1人と母集団が少ないにも関わらず広くコンサルティング・ファームに就職している。

また、NHKに2人、東急エージェンシーに1人、博報堂に1人と、マスコミ関係にも就職者を輩出している。

このあたりは、東大、慶応などの東京のトップ校と類似している。

④ベンチャー企業が多い

京都大学経済学部の特徴は、ネット系ベンチャー企業への就職が結構目立つことである。

しかも、京都や大阪のベンチャー企業ではなく、東京のベンチャー企業に就職している。大手金融機関と違って、関西まで来てくれないので、東京に企業訪問等に行く負担を考えると結構大変である。

具体的な企業名としては、アカツキ、イトクロ、エムスリー、オロ、クックパッド、Donuts、フリークアウト、PLAN-B、レバレジーズ等である。

上位20社までしか開示が無いのでよくわからないが、慶応大学経済学部はコンサバティブで大手企業や有名外資を好むようであり、ベンチャー系とか自ら起業するのはあまり好まれないとも聞く。

この点は、京都大学経済学部の方が、ベンチャースピリットに溢れているということであろうか。

3. 京都大学経済学部の就職における課題

以上のように、京都大学経済学部の就職の特徴としては、中央志向が強くローカル色はほとんど感じない。

そして、超人気・超難関企業にも挑戦し、外銀・外コンにも人材を輩出している。東京以外の大学で、外銀・外コン(MBB)に就職者がいるのは京都大学位ではなかろうか。

また、総合商社にも強く、非関西系商社である三菱商事と三井物産にも強いのが興味深い。

さらに、地理的に不便であるにもかかわらず、多数がネットベンチャー系企業にも就職しており、慶応大学経済学部以上にフロンティア・スピリットに溢れているのではなかろうか?

このように、京都大学経済学部の就職については特に課題というものはないであろう。

ただ、中央志向が強いため、就職活動で東京まで出てこなければならないという不便さがある。この点は、大学としてはできることは限られるだろうから、OB/OGの協力・支援体制がより必要とされるだろう。

また、京大経済学部からは、Wantedlyの仲さんとか、ドリコムの内藤さんといった著名なベンチャー起業家を輩出している。

ネット系ベンチャーについては東京が有利なのは否めないが、成功した起業家を輩出すれば、ますます、良くなるであろう。