早稲田大学商学部の就職と課題について。早稲田大学政治経済学部との比較はどうか。

1. 早稲田大学商学部の就職状況

①早稲田大学商学部の就職に関するデータ

早稲田大学の場合、大学全体の就職者数が5人以上の企業・官庁について、学部別に詳細な開示を学校がしてくれている。
https://www.waseda.jp/inst/career/assets/uploads/2018/07/2017careerdata.pdf

もっとも、PDFなので、各学部の就職状況について比較分析するのは、ここから手作業で数字を拾って分析を行うこととなる。

②早稲田大学商学部の具体的な就職先企業について

早稲田大学商学部の就職者数は866人、早稲田大学政治経済学部の就職者数は799人と、商学部が8%多い程度である。したがって、だいたい実数で比較しても問題なさそうなので、以下、政治経済学部と比較の上、並べてみた。

もっとも、これは、金融(メガ、生保、損保、証券)、五大商社、コンサル、マスコミ等に絞って抽出し、ランキングしたものである。このため、メーカー、インフラ等の人気企業は対象外とした。対象とする企業の就職人気度・就職偏差値等から、対象とした企業への就職状況がわかれば、全体的な学部の就職力が把握できると考えたからである。

このため、メーカーやインフラ等の他の人気業種を志望する場合には、
上でリンクを張った学校公式HPをご参照下さい。

商学部 政治経済学部
みずほFG 24 11
大和証券 11 9
損保ジャパン日本興亜 10 2
三井住友銀行 10 11
三菱UFJ銀行 9 11
東京海上火災 9 11
三井住友海上火災 8 9
伊藤忠 8 5
あずさ監査法人 8 3
野村證券 7 6
日本生命 6 3
アフラック 6 2
監査法人トーマツ 6 3
楽天 5
NHK 5 11
JTB 5
第一生命 5 6
アビーム 5 7
明治安田生命 5 2
国家公務員一般職 4
富士通 4
三菱電機 4
KDDI 4
アクセンチュア 4 16
住友商事 4 8
ベイカレントコンサルティング 4 2
SMBC日興証券 4 5
博報堂 3 4
丸紅 3 3
電通 3 4
野村総合研究所 3 9
東京都 2 13
デロイトトーマツコンサルティング 2 7
三井物産 2 6
凸版印刷 1
三菱商事 1 10
日経新聞 1 2
読売新聞 0 1
朝日新聞 0 2
PwCコンサルティング 0 3

2. 早稲田大学商学部の就職の全体観

予想通り、早稲田大学商学部の就職については全般的に良好である。メガバンク、大手生損保、大手証券、五大商社、コンサル、マスコミと人気企業に数多く就職している。

上のランキング表は対象外としたが、全日空、ソニー、日本IBM、KDDI、ドコモ、JAL、NTT東日本、といった人気の空運、鉄道、通信、メーカーに多くの学生を送り込んでいる。

このため、早稲田大学商学部からは大手の人気企業に就職できる場合が多く、恵まれた就職状況にあると言ってよいだろう。

3. 早稲田大学政治経済学部との比較

早稲田大学商学部は、日本を代表するトップ校であり、伝統もあるので就職が一般に良好というのは誰でも予想できることであろう。

ただ、気になるのが、他の有力大学・有力学部との比較感であろう。特に、同じ大学の政治経済学部と比べて、就職状況はほとんど変わらないと言えるのか、或いは、何らかの差があると考えるのか、ここが関心事項では無いだろうか?

①大手金融機関については、政治経済学部に全く劣ることは無い

商学部は学部の性質上、金融機関に就職する学生は多い。早稲田大学商学部の場合も例外ではなく、3メガバンクに合計43人とここだけで就職者の5%を送り込んでいる。政治経済学部からの3メガバンクへの就職者数合計は33人なので、商学部の方が多い。

また、生損保、証券にも多くの学生を送り込んでおり、東京海上については、政治経済学部から11人に対し、商学部からは9人、日本生命については、政治経済学部から3人に対し、商学部からは6人、野村證券については、政治経済学部から6人に対し、商学部からは7人、と銀行以外の大手金融機関について、両学部は互角と言っていいだろう。

以上のように、早稲田大学商学部からの金融機関への就職力は高く、政治経済学部と比べてもそん色ないと言えるだろう。

②総合商社(五大商社)

就職偏差値最高位の五大商社であるが、商学部からは合計18人を送り込んでいる。他方、政治経済学部からは32人であり、この点は、政治経済学部に軍配である。

特に、三菱商事については、政治経済学部が10人に対して、商学部は1人なので、この点はさすが看板学部の政治経済学部だと思わざるを得ない。

③コンサルティング系

早稲田大学商学部から、アクセンチュア(4人)、アビーム(5人)、ベイカレント(4人)、デロイトトーマツ・コンサルティング(2人)等、人気のコンサルティング・ファームに就職している。この点は、政治経済学部と比較しても特にそん色ないと言えるだろう。

なお、監査法人トーマツ(6人)、あずさ監査法人(8人)と、こちらは政治経済学部よりも商学部からの就職者が多い。これは公認会計士試験の合格者が多いからだと考えられる。商学部としての学部の特質が出ていて、良いのではないかと思われる。

④その他

これは年によって違うかも知れないので、一般化はできないのかも知れないが、本当に難しそうな企業に対して、政治経済学部からは就職者を出しているのに対して、商学部からはゼロという企業がいくつか散見された。

例えば、政治経済学部からゴールドマン・サックス証券に4人、三井不動産に2人、Googleに1人、P&Gに1人と、就職偏差値・難度が最高位のごくごく少数しか採用しない企業にも学生を送り込んでいるところが、政治経済学部の強みかも知れない。

もっとも、これらは若干名なので、年によっては異なる可能性もあろう。

まとめ

早稲田大学商学部の就職状況は全体的に良好で、私立でというより、日本の中でもトップクラスである。

政治経済学部と比較しても、ほぼそん色ないと言えるのだろうが、総合商社(三菱商事)、GS、P&Gと言ったあたりのハロー効果もあって、若干政治経済学部の方が就職は良いというイメージがあるのかも知れない。