ポルシェを買う人の年収、職業、年齢等について

ポルシェの場合、大昔から形が変わらないので、中古車が数多く流通しており、最近では、カイエン、マカンといったSUVの存在感が高まって来ている。このため、価格帯も300万円~3000万円、2シーターから5人乗りSUVと用途も幅広い。

そこで、今回は、狭義のポルシェ、要するにポルシェ911カレラの新車に焦点を当てて、その年収、職業等に検討したい。

1. 何故か本来のスポーツカーよりも人気の高いSUV

ポルシェというと、原則2シーター(2+2)である小型スポーツカーのカレラが想起されるはずなのだが、最近では、SUVのカイエンとかマカンが人気のようだ。

都内のディーラーの場合は、約6割がSUV(カイエン+マカン)ということで、本来の小型スポーツカー専業メーカーであるポルシェのイメージから外れてきている。

その理由としては、実用性であろう。家族持ちの場合、2シーターだともう1台車が必要であるが、都内の住宅・駐車場事情からすると、2台以上持つのは難しい。従って、1台で完結できるSUVにせざるを得ない。

SUVがいいなら、ベンツ、BMW、アウディでも選択できるじゃないかということだが、都内ではベンツやBMWはありふれており、ポルシェといブランドが選好されているのだろう。

また、親会社がVWグループであるので、ポルシェのポリシーがどうこうよりも、売上至上主義にならざるを得ないので、売れるのであれば歓迎なので、SUVのカイエンやマカンの販促を掛けているということも推察される。

2. 従来のポルシェファンとしてはSUVではなくカレラにこだわりたい

売れ筋がSUVであったとしても、従来からのポルシェファンであれば、小型スポーツカーのカレラに拘りたい。

カレラの場合、GT3というレーシングカーのような特殊な仕様のものもあるが、売れ筋はカレラかカレラSだという。
https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-carrera-models-1/

新車でカレラを購入するには、オートマチック車であるPDKというタイプが本体価格1300万円に対し、オプションと諸経費込みで1500万円を用意すればいいらしい。

3. ポルシェ(カレラ)を「買える」人

ポルシェは、オートローンを組むことが可能だし、残価設定ローンも用意されている。

金利は3.9%(平成31年1月時点)とフェラーリと変わらないが、ポルシェの場合、0.7%といったキャンペーン金利が用意されることもある。

実際、3割以上は、購入に際してローンを併用するようだ。

このため、頭金をどれくらい用意できるかにもよるが、そこそこの頭金を用意できるのであれば、年収1500万円位から、ポルシェカレラの新車を購入することは可能だ。

ポルシェカレラの購入者の特色として、平均年齢が高いことがあげられる。形が昔から変わらないし、70年代の漫画「サーキットの狼」やスーパーカーブームの影響を受けてきたバブル世代やその上の世代から人気があるため、50代以上が多いという。

また、カレラはポルシェの中でも特にリセールヴァリューが高い。普通は3年経つと、新車時の半額位でうれればまずまずだが、カレラの場合は、何と70%位で売却できるという。これは、カイエン、マカンのSUV組とは異なる特色だ。

このため、ローンを組んで購入しても苦しくなったら途中売却できるという安心感がある。

以上のような状況を考慮すると、健全な生活をしていて50歳以上になると、それなりの貯蓄や相続もあることだから、年収1500万円位あれば購入可能なのである。

4. ポルシェ(カレラ)を買う人

先ほどのように、オートローンを使えば、リセールバリューも高いし、キャンペーン金利を使えるチャンスもあるので、年収1500万円もあれば購入可能である。

しかし、購入が可能というのと、余裕をもって買うことができるというのは少々意味が違うわけで、実際に購入している人の多くの年収は、1500万円よりも高く、東京の場合には年収3000万円~5000万円くらいの年収層がマジョリティということのようだ。

職業については、複数のディーラーの人が言っていたが、「(50代の)医師」が多いとのことである。もちろん、勤務医ではなく開業医ということである。それは、丁度年収3000万円~5000万円というレンジと合致するのではないだろうか?

また、特徴としてはローン利用率は3割以上はあるようだが、新車のランボルギーニや中古のフェラーリのように、ローン利用率が8割ということと比べるとあまり多くはなさそうだ。

そして、ランボルギーニの法人名義での購入者の8割が法人に比して、ポルシェカレラの場合は、五分五分かそれ以下、ということを考えると会社経営者の比率は低そうだ。

年齢が50歳以上で、ローン利用比率は3割強、法人名義での購入割合が五分五分、年収3000万円~5000万円、開業医が多いというのが購入者の属性のイメージである。

派手なイタリア車(フェラーリ、ランボルギーニ)と、堅実なドイツ車という違いがあるのかどうかわからないが、相対的にポルシェカレラの購入者の方が堅めの職業ということであろうか。

高級車であることは間違いないが、フェラーリの半額で変えて、故障が無くリセールヴァリューも高いという、素晴らしい特性を持っている。

頭金さえしっかり出せれば、年収3000万円なくても買えるので、コツコツと貯蓄と年収を上げていきたいものだ。