フェラーリと六本木ヒルズは難しい、「年収3000万円」のサラリーマンの東京暮らし

1. 年収3000万円のサラリーマンとは?

年収1000万円であれば、大手企業であれば到達するが、年収3000万円というのはかなり限定されているだろう。

①外資系証券会社

外資系証券会社の場合、20代で2000万円に到達することは珍しくないが、3000万円への到達については、職種とタイトルによって異なってくる。

いわゆる花形のフロント職(トレーディング、セールス、IBD)の場合だと、管理職と言えるVPに到達すると、基本給と年1回のボーナスを合わせて3000万円を実現できるだろう。

他方、バックオフィス(経理、人事、コンプライアンス等)の場合だと、VPでは難しく、SVP、Director以上にならないと年収3000万円到達は厳しいだろう。

②外資系運用会社

同じ外資系金融(外銀)といっても、運用会社の場合は異なる。

安定性がある反面、昇給ペースや年収の水準は外資系証券会社に見劣りする。

従って、年収3000万円に到達するのは、フロント職(運用、セールス)の場合だと、SVP、Directorクラス(年齢的には40歳位)、バックオフィスの場合だと部長以上になる必要がある。

③外資系メーカー

同じ外資系でも、メーカーとなると、更に年収3000万円は狭き門となる。

P&Gやネスレのような消費財メーカー、ファイザーとかMSDとかの外資系製薬会社、マイクロソフトやシスコシステムズのようなIT系、と業種を問わず、普通の部長だと2000万円クラスが多く、3000万円級となると、その上の執行役員以上にならないと到達しないのではなかろうか?

もっとも、過去のITバブル時にはストックオプションで結果的に遥かに多い収入を得られた管理職もいた模様だ。

④国内系企業

国内系企業で年収3000万円となると、完全に役員の世界である。

金融の上位、日本生命、東京海上、野村證券あたりでも部長だと2500万位はもらえても3000万には届かないと思われる。

日本企業の特徴として、タイトルによる格差が外資系と比べて小さい。

キー局、電通、総合商社だと、評価されている局長・部長だと、3000万越えの人もいるかも知れない。

いずれにしても、数はかなり限られるし、いくら優秀であっても日本企業の場合は年功序列があるので、もらえるようになるとしても40後半、下手したら50超となってしまう。

2. 六本木ヒルズは全く無理~

まず、家賃(或いは住宅ローン)にどれくらい使えるかが問題となる。3000万円といっても、手取りは1800万円強しかない。そのうち、約2割を住居費に振り向けるとした場合、だいたい一月当たりの賃料は35万円程度となる。

もちろん、独身等で家賃にお金をかける人はいるだろうが、それでも月々50万円が限界だろう。

となると、六本木ヒルズはとても無理である。このように、2ベッドルームで86万円からと高額なため、年収3000万円ではとても足りない。年収5000万円でも無理であろう。
www.moriliving.com

では、現実的にはどのあたりに住めるかというと、都心で探せなくも無いが、やや郊外の、目黒区、世田谷区あたりが多いのではないか?例えば、人気の二子玉川だとこの程度の物件が借りられる。

kenrent.jp

3. 年収3000万円のクルマ ~Eクラスかマカン?~

年収3000万円あれば、住居と違って、クルマについてはかなりいい物に乗れるはず。中には無理して、残価設定ローンでフェラーリを買う人もいるようだが、丁度いいのは、ベンツのEクラスとかポルシェのマカンあたりである。

エクステリア – メルセデス・ベンツ Eクラス | ヤナセ

まあ、このあたりで十分ではないかという気はするが、残念ながら東京の都心部とか高級住宅地では、Eクラスやマカンはあふれていて目立つことはない。

まあ、目立ちたければ、無理してフェラーリでも買うしかない…

blacksonia.hatenablog.com

4. 食べ物、日常生活、

普段の生活であるが、お買い物は恰好を付けたい人は、成城石井という、関西でいうとIkariのような高級スーパーのチェーン店がある。いいものは売っているが、値段は高い。

www.seijoishii.co.jp

もっとも、世田谷区、大田区、品川区あたりで幅を利かせているのが、オオゼキ。ここは優良企業でもあるが、高くなくて良いものを売っていて人気がある。だから、年収3000万円、あるいはそれ以上も普通に普段はここで買い物をしていたりする。

www.ozeki-net.co.jp

それから、外食については、その人のライフスタイルとか家族構成とか趣味による。年収3000万円あたりでも普通にファミレスに行ったり、ファーストフードに行ったりする人もいるし、食にこだわりの無い人もいる。

もちろん、ミシュランの星付きの店が大好きな人たちもいるが、月1回位のペースであれば、このような店に充分行ける。

sushiaoki.jp

洋食が好きな場合には、こんな店とか。

www.beige-tokyo.com

5. 投資と家計簿

以上は、年収3000万円の「消費」についてであるが、さすがに年収3000万円で、収入を全て使い切る、すなわち、貯金ゼロという「江戸っ子」のような生活はできないであろう。

ある程度、堅実に貯金をしなければならないだろう。

それでは、いくらぐらい貯金をするのが健全なのだろうか?

ファイナンシャル・プランニング的には、年収の2割を貯金に回すのが理想ということであるが、税金も高いので、年間500万位は貯金に回したいところだ。

となると、ボーナスも含めた月当たりの手取り額は150数万円といったところなので、貯金に40万円ちょっと振り向けると、家賃を含む生活費は110万程となる。

家賃が35万円、車関連費用、保険代、光熱費、普通の生活費などを除いても、30~40万円位の余裕はありそうだ。

もっとも、子供の教育費を考えると、そこまで贅沢はしていられない。

これが、年収3000万円の東京での暮らしぶりである。

投資はというと、上記の通り、東京で年収3000万円程度だとそれほどリスク資産に振り向ける余裕はない。コツコツとリスクの無い預金で貯めていくのが王道だろう。

従って、仮想通貨とかFXといった投機的な投資や、借入金を使った不動産投資などを行うには不十分だろう。

ファイナンシャル・プランニング的に、年収の2倍位の金融資産保有が望ましいとされているから、リスク資産への投資は貯金が5000~6000万を越えてからで遅くないのではなかろうか?

まとめ

本来、年収3000万円というのはかなりの高収入のはずなのだが、税金が高いのと、東京の不動産価格・賃料が高いため、思ったほどの贅沢な生活はできないのが実情だ。

とはいえ、そこそこの暮らしができることは間違いない。

年収3000万円で満足して安住するか、或いは、さらにリスクを取ってでもその上を目指すかは、その人次第だ。

年収3000万円達成後は、それぞれの志向に合わせた、戦略を選択していくべきだろう。

  • ブックマーク