ビズリーチで検索できる年収5000万円以上の業種や職種を調べてみた

「選ばれた人だけ」ということだが…
www.bizreach.jp

急成長しており、外資系金融機関の間でもすっかり定着した感のある転職プラットフォームのビズリーチである。

実際、外資系金融機関の転職慣れした人達のほとんどが、ビズリーチに登録されているのではないだろうか?

「年収2000万円以上」とか「ハイクラス人材」を強調しているが、実は登録すると、年収別の検索が可能である。

年収別の検索については、何と「5000万円以上」という切り口で検索ができる。

「年収5000万円以上」の条件で勤務地が東京のポジションを調べてみたら…

まず、ビズリーチの年収別の検索であるが、「5000万円以上」で検索してみても、

出てくるのは、〇〇円~5000万円となっている。

「5000万円以上」というと、本来であれば、5000万円~青天井、といったイメージなのだが、実際に出てくるのは上限が5000万円の案件が全てだ。

従って、少なくとも5000万円という案件は見つからず、何とか最高良ければ5000万円も可能といったしか見当たらない。

一番多く見られたのが、「800万円~5000万円」というレンジ!

これはあんまりな気がするが、実際検索すると、一番多くみられるのがこのレンジである。あまりにも広い。これだと上場企業で、課長代理から社長までがすっぽり収まってしまう。

仕事の中味はというと…

一番多いのが、金融系の歩合セールスである。

独立系FP(ファイナンシャル・プランナー)の形で、投資信託を売った金額に応じて報酬がもらえる歩合制のセールスである。

金融商品仲介業というパターンである。

確かに、「理論上」「計算上」は年収5000万も可能なのだろうが、実際それを達成できる人は何人くらいいるのであろうか?

また、多いのは外資系生保のファイナンシャル・プランナー職

これは金融業界の中では有名である。

年収5000万円どころか、年収1億円以上もいる。プルデンシャル生命の場合、年収の最高額は3億円という。

もちろん、成功確率は低いだろうが、他業界からの挑戦もOKなので、営業に自信のある人はやってみてはどうか?あまりお勧めではないが…

あと、結構多いのが〇〇コンサルタント

何のコンサルタントかわからないが、コンサルで800万~5000万というのは怪しい気がする。マッキンゼーとか、BCGではないだろう。

もっとも、中には「業務プロセスコンサルタント」というのがあって、「2000万~5000万」と下限が2000万となっているところが上記の歩合職とは違っている。

こんだけレンジが広いとかえって信頼できないので、あまり戦略的ではない気がする。

外資系証券会社もあった!

米系&欧州系証券会社のデリバティブセールス職、タイトルはVPからDirectorで2000~5000万というのがあった。これは通常の外資系金融のセールスのポジションだ。

外資系金融については専門のエージェントが多いが、中にはコネクションを活かして独立系として頑張っているエージェントもいるので、掘り出し物の案件が見つかる場合もある。

ヘッジファンドもある

ヘッジファンドは運用型の歩合である。ビズリーチでのポジションは「1500~5000万」のポートフォリオマネージャー職とあったが、本来ヘッジファンドであれば、上限は青天井の筈だが、これは5000万上限となっている。

あと、不動産会社の歩合職

「リフォーム営業」だそうだ。

当然レンジは、「800万~5000万」。これで上限稼ぐのは大変だろうなあ。

面白いのは、東証一部上場企業の社長候補

社長「候補」の候補がどういう意味か怪しいが、年収レンジだけを見ると、「3000万~5000万」となっており納得できる水準だ。

ただ、上場企業の社長であるなら、コーンフェリーとかエゴンゼンダーのようなエグゼクティブサーチファームを使って欲しい気がする。

一風変わったのが、中国での工場要員?

勤務地が中国というのが凄い。年収レンジは「800万~5000万円」。

中国内で募集を掛けた方が早そうだが、手を挙げる人はどんな人達だろうか?

まとめ

当然であるが、5000万円以上で検索できる職種は大半が歩合セールスだ。

しかも、上限が5000万円なので、かなりうまく行っても上限まで行く人はほとんどいないと考えるべきだ。相当うまくいって3000万位だろう。

少なくとも5000万円が保証されるというポジションはゼロである。

まともに見える求人としては、外資系証券のセールスや投資銀行のディレクタークラスのポジションだ。

こういうネット系の求人サイトであれば2000万円位が事実上の上限ではないだろうか?

外資系金融を除くと、5000万円となるとエグゼクティブ・サーチ・ファームからお声がかからないと厳しいだろう。

世の中、そんなに甘くはないものだ。

  • ブックマーク