20代で最初の転職をする前に考えておくべきこと

様々な事情から転職を考え始める20代。

そもそも就活に失敗して希望する会社に就職できずリベンジしたい場合、就活勝者だったが仕事内容が思っていたのと違った場合、さらに貪欲にキャリアアップを図りたい場合と、様々な理由から、20代のうちに転職を考えることはあるだろう。

20代だとポテンシャル採用もありだし、職歴もできるから一番転職しやすい年代である。

20代でも新卒と違って「職歴」という大きな武器ができるのでそれを利用してステップアップを図ることができるし、「職歴」に普遍性やValueが無い場合でも学歴と会社名を活かしてポテンシャル採用をしてもらうこともできる。

また、年功序列が基本の日本社会においては20代の間はまだ年収が高くないので失うものも少なく、ベンチャー企業のような年俸水準の低い企業をも視野に入れることもできる。

このように、50代⇒40代⇒30代⇒20代と若いほど転職がし易いのは明確だ。

しかし、その前に視野を拡げておく必要がある。

もっとも、20代で一社しか経験が無い場合には他業界のことがよくわからず、最適な選択肢を失うことも少なくない。自分が知らない業界、企業で、より年俸水準が高く、やりがいがあるところがあるのかも知れないのだ。

業界や企業の実態は本やネットからでは十分な情報をつかめないものである。その業界の中の人から聞くのが一番で、ゼミなりサークルなりの友人から話を聞いてみるのが良い。

しかし、友達といっても、その業界とかは偏っている場合があり、さらに幅広い業界や職種を知っておく必要がある。

そのための手段として手っ取り早いのは社会人向けのビジネススクールとかに行くことである。一気に人脈が拡がるし、刺激にもなる。将来のキャリアのための重要なコネクションにもなる。

mba.globis.ac.jp

www.waseda.jp

どうせ行くなら名の知れていて生徒数が多い所がいいので、グロービスとか早稲田がおすすめである。もっとも、働きながら週数回通うのと、費用が2年で300万位かかるので、それは負荷が高いと思えば、単科コースのようなお手軽なものも選択できる。

オンラインサロンで知識や人脈を拡げることも可能。
lounge.dmm.com

また、最近だとおすすめなのがオンラインサロンである。ビジネスを対象としたものでも多くの種類がある。社会人向けビジネススクールと比べると、費用はせいぜい月1万円程度だし、通学の必要が無いのでお気楽だ。それにオンラインと言っても、オフ会をちょくちょくやるものが多いので、ネットワークも拡げることができる。

次に、改めて自己分析をしてみよう。

以上で自分が知らなかったような情報を入手した上で、改めて自己分析をしてみたい。

これは難しい話ではなく、自分が本当に欲しいものは、お金かやりがいか?

安定か波乱万丈か?求めるもの(例えば年収)はどれくらいあれば本当に満足できるのか?大企業か、ベンチャーか起業か?といった抜本的な価値観・幸福感である。

この点は、実際に就職してみると学生の時とは異なっていることもあるはずだ。

転職を始めるにあたっては、ここの根っこの部分がブレていると後悔することになる。

そこそこの生活ができればいいので会社名と安定性が欲しいのか、とにかく成功して多くのお金が欲しいとか、好きなことをやりたいとか、それによって転職エージェント、対象企業も全然違ってくる。

自分のことを良く知っている人に相談してみるのも良い。

自分のことを分析し、将来の方向感を決めるにあたっては、周りの人の意見も参考にしてよい。自分のことを良く知っている方がいいので、親とか兄弟もありだし、友達、先輩・後輩もありだ。

本当は、良いメンターを見つけるのが良いが…

理想なのは、良いメンターに相談してみることだ。もっとも良いメンターを見つけるのは難しい。キャリアについていいアドバイスをもらえるには、そのメンター自体がある程度成功している人である必要がある。

更に、最近ではストレングス・ファインダーのようなソフトを活用してもよい。

実際、ベンチャー企業でこういったソフトを活用しているところもある。いろいろと使いこなして納得いく分析をしてみたい。

以上のような情報収集と自己分析をした上で、転職エージェントに登録をしていく方が「急がば回れ」で後悔しない転職活動ができるのではないだろうか。